経験しないと分からないことって、あるよねぇ!


今日はお休み。土曜とか日曜出勤したときの代休としての休み。


折角なのでカミさんとデート。

・・・デート?
そういう風に言うのかな?

まぁ七五三は水曜が定休だし、子供らは学校だしってことで。
デートって言っても、お店をプラプラしたり、ご飯食べたり、買い物したり・・・普段とあまり変わり映えしない時間を過ごしたんだけどね。



そうそう、今日のランチはこちら!
美味館!

美味館磐田店

もともと自分は中華大好きで、よくある台湾系の「早い!安い!旨い!」系のこういったお店によく行く。
だけど、ここはこのところちょっと足が遠のいてたんだよね。
他にお気に入りの中華屋さんがある、ってのもあるんだけど、ここもお気に入りだったんだよ。


「なんでだっけ?」


「ほら、結構味付けが違ったじゃん。行ったときの店員さんによって。正直美味しくない時とかあってさぁ・・・」

「そうだったっけ?」


そんなことを言いながらお店に入ると、出迎えてくれたのは以前よく通っていた時と同じ女性の定員さん。
結構何年かぶりに訪れたはずだけど、向こうもなんとなくこちらが昔よく通っていた客だってことを気が付いた様子。ニコッとほほ笑んで軽く会釈してくれた(・・・ような気がする)。


メニューではカミさんが油淋鶏、自分は野菜炒めのランチをチョイス。

お味のほうは・・・めっちゃ美味しいんですけど!


なぜこの店に来なくなったたんだろう?って軽く後悔するくらい美味しかった。選択できるメインの料理にご飯とみそ汁、デザートの杏仁豆腐がついて650円なり。


いやぁお安いよね!あ、みそ汁がしょっぱかったのはちょっと残念だったけど。
ってか、中華でみそ汁ってのもちょっと面白いけど。
でもでも、ボリューム満点お腹もいっぱいになって、さらにうれしいのは「自分たちにとってはこれくらいのボリュームが丁度いい」って程度の量だったこと。

なんかさぁ、中華系のお店ってやたらボリュームたっぷり過ぎて、ご飯なんかどんぶりレベルの量ついでこない?
あれだと正直食べ過ぎになっちゃうのよ。

そうかと言って、残すのもモッタイナイし。そういった意味でも非常によかった。
もちろん食いしん坊向けには、ラーメンとチャーハン系のごはんものセットで750円、メイン2品で950円のセットなんかもあるので心配ご無用!


「これならまた来たいね?」

「そうねぇ、だけど、今日のは当たりの日だっただけかもよ?」


「おぉそうか!じゃあ外れの日はここまで美味しいとは限らんわけか。」

「今でもそんなムラがあるか、分からないけどね。」

なるほど、多分また行くだろうな。そういう当たり外れがあるもの、大好物だし。
お店に入ったときに会った店員さん、昔はもっと日本語カタコトだったはずなのに、すげー上手になってたし。

なんかそういうのもうれしかったから、きっとまた行く。


場所はこちら!

https://goo.gl/maps/64RqAu4Mg3dXsRaz8

ところで今日はちょっと毒を吐くよぉ!

まぁそんなことはともかく。
折角のお休みだし、プラプラしてるといろいろ考え事もしちゃうので、ちょっとその中でモヤッとしていることを書いてみる。


何と言うか、自分は「他人にはあまり興味が無い」性格である。もとい、「他人には全く興味が無い」性格だな。

自分に関係の無い他人なんて、どうでも良くない?

芸能人が結婚しただの離婚しただの、不倫がどーの、事件がこーの、これっぽっちも興味無いんだけど、おかしいかな?
ご近所の誰それさんが~、同僚の誰それ君が~、とか、関係ある?


思うに、「自分に関係している人」と捉える範疇が、恐ろしく人より狭いってことなんだろう。
なんでこんな性格になったかって考えると、おそらく子供時代のいじめなんだろうなぁ。
あれで、「自分」と「それ以外」を切り離して考える癖がついちゃったから、それからずーっとそういう価値観を引きずって生きている。


でもね、自分でも年々変わっている自覚はあるの。だから、「他人には全く興味が無い」って書いたけど、正確には「最近はそうでもない」って言葉が続くようになってきた。


まぁだけど基本は興味ない訳。だから、自分は概ね人を嫌いになることが無い。


そうだよね?
だって、「人を嫌う」って結構エネルギー使うよ。

人を好きになるってのがプラスのエネルギーだとしたら、人を嫌いになるのはマイナスのエネルギーで、それが例えば「憎しみ」レベルにまでなるとしたら、それはそれは大きなマイナスのエネルギーになるじゃない?

それって相手に興味が無いと出来ないって思わない?


だから自分の場合、人を嫌いになってくると、その人に興味が無くなるの。
「遠くでどうぞお幸せに。だけど近づかないでね。」って感じになる。


だけどね、そんな自分でも、人を嫌いになることが全く無かった訳じゃない。最終的には興味が無くなっちゃうんだけど、それまでの間で結構「嫌いエネルギー」が溜まった人はやっぱり居て・・・


平たく言っちゃうと、「他人の痛みに鈍感なタイプ」とか「他人のテリトリーに土足で踏み込むタイプ」とかなんだけど、分けても嫌いなのが所謂「知ったかチャン」。


知らないんなら大人しく黙ってりゃあいいのに、どこかで聞いたような常識論を振りかざして、さも知識人ぶるタイプ。
なんかこのタイプは全く許せる気がしない。
多分自分が本流からは外れている、アウトローな生き方をしてきたからだろうけど。正統派気取って見下してくるような感じの奴は、どうにも相性がよろしくない。


「いやぁ、僕はね。今までギャンブルなんて一回もやったことが無いんで、あれのどこがいいのかさっぱり分からないんですけどね。

普通に考えれば分かる話ですよね?ギャンブルなんて、絶っっ対に儲かる訳ないの。

あんなのに夢中になって、人生台無しにするなんて、本当に頭の悪い生き方ですよね?

ギャンブルが趣味なんていう人もいるんでしょう?いやぁ分からないなぁ!ギャンブルに手を出す奴なんて、バカですよ、バカ。」



例えば、こういうことを言う輩である。


言っていることは、極めて正しい。
だけど正しかったら何言ってもいいのか?っていう典型だと思う。
まぁだけど、こういう言い方をする人を否定するつもりも無い。ただ嫌いなだけだ。


だけど普通、一通り経験して事を物申さないか?やったことないけど、って前置きしておいてそれを否定するのは、自分としてはあり得ない考え方なんだが。

それってつまり、どこかからの受け売りの薄っぺらい知識であり、自分なりに考えた結論では無いって公言しているようなもんなんだけど。


だから自分のような、重度のギャンブル依存歴があるような奴にうっかりケンカ売る羽目になるんだよなぁ。
ギャンブルやってるやつは、儲けたくてやってるやつも居るんだろうけど、ほとんどの奴は儲からないことを理解して、それでもやってるの!
止めたくても止めれないやつとか。
儲からないのは分かっていても、瞬間の興奮とか手に汗握る展開とか、そういうのに価値を見出しているやつとか。
今は儲からないけど、いずれ理論的に儲かるシステムが構築できるはずなので、先行投資としてギャンブルしているやつとか。
連れとワイワイやる時間の共有をこそ無上の価値としているやつとか。


まぁ総じて「バカ」の範疇に括って問題ないやつばっかりだけど、やったことないやつには絶対分からない価値観は、確かにある。
それは強者に食い物にされる弱者の戯言、と言えばそれもその通りかもしれない。


でもさぁ、その価値観をバカにするのは止めようぜ?それは同じ土俵に立って、同じ経験をして、そこから得た結論でなければ言ってはいけないことだと思う。


自分も分からないこといっぱいあるもん。毎年何人も死んでるのに、それでも大勢登山に出掛けることとか、世のオバサマたちが未だに韓流ドラマに嵌りまくっていることとか、東京ディズニーランドに何であれほどの集客力があるのかとか、やったこともないか経験が乏しいから分からないことばっかり。


だけど、それを誰かが言ってた言葉を借りて語るのは違うよね?だから自分で経験するまでは、結論は出さないように生きていきたい。


そう、やってみればいいんだよ。
ギャンブルに、なぜ依存する人があれほど大勢いるのか。肌で感じれるはずだよ。


SPONSORED LINKS