俗に十年一昔と言うけど…

最近、一時的に更新頻度が上がっているけど、もちろん理由はある。

そうは言っても別に大層な理由じゃない。今回に限らずだけど、大体こういう風にブログを更新するときって「ついで」であることが多い。このブログのアップデートがなんちゃらとか、メインの鍼灸院のサイトの設定がほにゃららとか、そういう感じで必要に迫られてパソコンに向かい、・・・じゃあついでに更新記事でも書いておく?って感じになる。

まぁもともと凝り性だし飽き性だから、しばらくやるとまたフイッと書かなくなるけど、元々そんな感じが続いているので今更だと思う。
ちなみに今回のきっかけは、このブログ。ワードプレスっていうアプリケーション?になるのかな?を使っているんだけど、これってフリーソフトでありながらシステム更新と各種プラグイン追加をやってくれる、なかなか素敵なやつなんだけど、難点はとっつき難さ。大概高機能なやつは扱い難いって相場が決まってるんだけど、これもその部類に入る。

慣れちゃえば簡単なんだけど、慣れるまでが大変。もともとサイト構築自体がそういう土壌の上に立っているから、ワードプレスでずいぶん簡単になってるんだけど、それでもまだまだ難しい部分が多い。
その難しい部分を補うために色々なプラグインが用意されている。このプラグインを使うことで、ワードプレスをよく分かってなくてもそれなりに使いこなすことが出来る、とこういう寸法になっている。

このように大変ありがたいワードプレスでありプラグインなんだけど、たまに「このプラグイン廃止しまーす!」って言ってくることがある。そうなると、今までそのプラグインのおかげで形を成していただけに、「いやいやいやいや・・・ちょっと待ってよ!」ってことになる。
まぁありがたいことに、ワードプレスってのは全世界で幅広く利用されているだけに、そういった場合の解決策を公開してくれているサイトも多い。おかげで今回も何とか凌くことができ、「はぁやれやれ」って感じでこのブログの更新に繋がっている。

という訳で今回は雑記回である。

SPONSORED LINKS

そう言えば最近住宅ローンの借り換えをした。ん?いや銀行変えてないから、借り換えではないね。うちは10年固定でローンを組んでいるので、10年ごとに金利が変動するんだけど、今回契約を更新したところ、今までよりさらに金利下がった。まぁそりゃね、こんだけ基準金利が上がらなければそうなるよね?

だけどさ、自分たちはもちろんだけど、行員さんたちも考えなかっただろうね。ここまで金利が上がらないなんてさ。ここ10年間だけに限って言えば、一番手数料とか利率が優遇されている毎年変動タイプを選んでおけば、結果的に一番少ない返済額で済んだってことになるんだから。こういうのは分からないよねぇ。だけどやっぱり借りている金額が大きいから、例え多少でも金利が上がってきたときの負担額の増え方は恐ろしいものがある。せめて半分ぐらい返した後なら、金利の影響も半分以下になるからなんとかなるけど、借り始めて数年でインフレに行くなんて予想をしちゃったら、恐ろしくて変動制なんて選べんよね。
ってことで、今回も10年固定を選んだけど、出来れば(借り換えの手数料とかガン無視すれば)最終月までフラットなタイプを選ぶのが絶対正解だと今でも思っている。面倒くさくて出来なかったけど、多分最終的な支払額が100万単位で違ってくると思う。
なぜって、そりゃあこんな低金利、いつまでも続くわけないし少なくとも10年後は今より高いはずだから。

でも行員さんの話を聞くと、3年固定とか毎年変動制で住宅ローン組む人、あるいは借り換える人結構多いんだって。

ん~。そりゃ人それぞれだけどさ、怖くない?この10年が金利上がらなかったからって、ここからの10年間上がらないって本当にそう思う?

【画像は住宅金融支援機構様よりお借りしました。】

・・・10年どころか20年以上上がってないねぇ!ひどいねぇ!
まぁだけど30年前が8%あったことを考えると、ねぇ。現在の水準から上がることはあっても、下がることは無いって考えたら、やっぱりこの辺の金利を固定しちゃうのが正解だと思う。

そう言ってる自分は10年固定なんだから中途半端な事だけど。
ちなみに金利が上がるってことは、お金の需要が上がるってことだから、一般的には好景気になってくるし給料は増えるしっていう流れも生み出す。そうなってくると自分が属する「医療・介護・教育」といった業種は置いてけぼりを食らうだけなので、出来ればそうはなって欲しくないけど、多分なるんだろうなぁ。
まぁそうなったらそうなったで、悪いことばかりではないからいいけどさ。それに合わせた生き方を考えておかないといけないなぁ。
むしろ上がらないほうが怖くなる。一生低金利、ずっとデフレ、生涯低所得ってそんなの嫌だものね。

まぁ置いといて。
家が10年経ったってことは、鍼灸院も開業して10年経った?って思ったら、まだ9年目らしい。住み始めてすぐに開業出来た訳でもないしね。でもそろそろ節目の年となる。

このブログは途中から始めたので、それでももう5年目になるみたいだけど、その割にはエントリー全然無い手抜きブログだね。メインサイトの場合はと言うと、開業と同じくらいの時期に始めたのでこちらもそろそろ10年経つんだけど、本当にホッタラカシ。
一応たまにリンクエラーのチェックとかはしてるし、一度大幅なシステム更新をしたことがあったので、デザインはそれなりに今風のものになってるけど。

いろいろコンテンツ増やしていくつもりだったんだけどなぁ・・・

そんな中で、今どうしようか考えている部分がひとつある。

・・・これねぇ。いつまでも同じな訳ないんだから、そろそろ別のもの・・・というか引っ込めたほうがいいのでは?って思うけど、どうだろ?

・・・別に嘘ついてる訳じゃないし、ちょっと古いだけだから、まぁいいか。

 

で、何をこんなにクダクダ書いているのかと言うと、結構時間的に余裕があるからで、なぜ時間があるかと言うとパチンコを打ちに行く時間が無くなったからである。
そう、結構最近までなんとか稼げる台を打つことが出来ていたが、ここ半年ほど全くそういう台が打てなくなった。もう、この近辺にはそういう台は無くなったのか、あるけど自分には見付けられなくなったか、そんなところ。

時給換算でギリギリのところを計算しながら、有るのか無いのか分からない台を探して時間を無駄にするより、すっぱり止めてしまおうと決め、その日のうちに貯玉も精算した。
若干結論が早すぎたかもしれないが、パチンコが稼げるから稼げないに変わってきたのは事実であり、地域差ですでに全く打てない地域、最近まで打てていた地域、まだ何とかなる地域があるだけだ。それこそ10年前には時給3,000円・・・は言い過ぎでも2,500円くらいはあったのが、年々下がっていき最近は1,000円を割る始末だ。時給1,000円なんて、もうパートレベルの金額だし、何と言ってもパチンコの「時給」は理論値であり、そのレベルの台を何百時間も打てば最終的にそのぐらいの時給に「収束」していくという理論値だから、短期的には大暴れする。
実際に1時間1,000円ペースで増えていくのならまだしも、大きく勝ち負けを繰り返しながら、トータルで増やす作業なので、時給の安い台を打てば打つほど勝ちにくくなる。

まぁ正直しんどくなったってこと。若かりし頃、パチンコ生活を選んでいたら今頃どうなっていたかは今でも考えることあるけど、どうしてるかな?パチンコで食えなくなって、次の手を見つけることが出来てるかな?

世のパチンコ生活者はこうやって淘汰されていったし、今でも頑張っている人たちは案外3年5年10年後でもパチンコで生活が出来てるかもしれない。

さて稼ぎ口が減ってしまったが、埋め合わせが出来るかが問題だよね。仕事を頑張るのは性分じゃないんだけどなぁ・・・

はい!かわいい!
イカンね、こんな時間の使い方は!

 

あと、今回見つけた動画で面白かったのはこれ。

まぁたまにはこういう何だか分からんエントリーあってもいいと思う。


SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です