なんで分かっているのに出来ないんだろうね?

年末のこの時期って、本当にイヤになるんだよね。

終わりゆく一年。
来たるべき新年。

今年中に終わらせなきゃいけないあんなことやこんなこと。大抵はどうでもいいことなんだけど、それでも半ば義務的にやらなきゃいかんとなれば、面倒くさい事この上ない。

さらに一年を振り返ってみれば、まぁ例年通りの進歩のなさを痛感するばかり・・・

結構定期的に思うことの一つに、「いっそ何もかも放り出してどっか旅に出ようかなぁ!」ってやつがあるんだけど、それが一番強烈になるのが実はこの時期だったりする。
要するに、いろいろ放り出したいことが山積してるだけで逃げたくなるんだけど、実際に完全逃避したことはまだない。
そりゃあ出来ないよねぇ、立場上。いや、出来ないと思い込んでいるだけだし、そうやって安心したいだけなんだけど、とにもかくにも「いっそ何もかも放り出してどっか旅に出た」ことは幸いにしてまだない。多分死ぬまで無いであろう。

うん。
だけど部分的に、とか一時的に、っていう逃避ならそれこそ毎日。むしろ逃避体質と言ってもいいくらい。今回はそんな話。

SPONSORED LINKS

自分の生き方と言うか信条と言うか、基本的なスタンスにこういうのがある。
「やりたいことは何でもやればいい。ただし自分のケツは自分でふけ。あとそれで他人様に迷惑かけるな。」
まぁ比較的一般的な考え方に聞こえるかもしれないけど、実は微妙に違う。誤解を恐れずに言えば、「やりたいこと」の中には人道的にどうとか、倫理的にどうとか、場合によってはそれ犯罪でしょ?ってものも含んでるってっ点。
決してやりたいことは悪いことでもやればいいじゃん!って意味ではないよ、念のため。

例としてはいろいろあるけど・・・たとえば窃盗。
いわゆる万引きとか、簡単っちゃ~簡単に手を出せる犯罪だけどね。別にやりたいならやればいい。ただ普通の損得勘定があれば、あれはリスクに見合った結果を得られない最たるものだよ。
ばれなきゃいいんだけどね、だいたいはいつかばれる。
ばれたときに失うもの、主には他人からの信用とか評価だけど、この大きさを考えたら、窃盗で手に入るものって小さいものなんじゃないかな?って考えるから、自分はやらない。

例えば二股とか不倫。
絶対悪じゃないと思うし、好きな人はほんと好きだよねぇ。でも自分はやらない。
だってメンドクサイじゃん。常に嘘つき続ける必要あるし、常にばれてないかビクビクしなきゃならないし、これを楽しくやれる道理がない。
いや、楽しい瞬間とか面白い部分とかあるはずだけど、それを凌駕する「イヤなこと」が予想されるだけで、謹んでご辞退申し上げますって気分になる。
その前に相手居ないけどね。

で、さらに考えることができるのであれば・・・窃盗の場合、盗む者がいるなら盗まれて失う者もいるってこと。それで生活に困る人が居たり、その事実を知って悲しむ人が居るってこと。二股とかの場合なら、自分たちのエゴで関係者の心に大きな傷を作る行為だってこと。
本当にばれなきゃいいんだけど、もうね、絶対ばれるから。

それだけの覚悟を持って事に臨んでる?って真剣に聞きたい。

あと人を傷つけるとか不幸にするとか、そういうのはダメ、ゼッタイ。これは絶対条件なんだけど、上のパターンでも人を傷つけることになるって言われりゃその通りだから、線引きは曖昧な部分でもある。
余談だけど、個人的には自分の幸せは他人の不幸の上に成り立っている、って考えているほうだけど、だからと言って他人を不幸に陥れることを良しとは思わない。これは他人が不幸になれば自分が幸せになるって意味じゃない。他人が幸せになるために自分が犠牲になるべきだ、とも思わないし。
ただ、万事WIN-WINな関係ばかりなんてことは絵空事だと理解している。だからこそ自分の生き方には責任もたなきゃね。
霞食って生きてるわけじゃない以上、自分が生きるいることで死んでいく命もあるってことを自覚すべき。

そうやって考えていくとね、自然と出来ることは限られてくるわけだよ。
でもそれでも興味が上回るのであれば、一般的にはダメなことに手を出すのは、ダメではないと思う。

例えば・・・そうねぇ、法律で禁止されているアヤシイ薬を使ってみるとかね。本当は成人してからでないと許されていない飲酒や喫煙とかだって、別に構わないんじゃない?
不登校だのニートだの、社会不適合だのってのも、それだけでどうのこうのとは全然思わない。むしろ興味あるよね、そういうのって。

ただし、もちろん覚悟を持って。
全てが自分に返ってくるし、そういった負い目は一生背負っていくことになるし、大概、後で考えてみると「本当に見合わなかったなぁ」って苦笑いするしかないレベルで見合わないはずだけど、自分で選ぶとるべき。
願わくば、後になって苦笑い程度でおさまる選択であることを祈るけど。
だいたいそこらへんの聖人君子みたいな顔した大人だって、今までに後ろ暗いことの3つや4つ、10や20はあるはず(たぶん)。
自分だっていっぱい悪いことしてきたし、他人に迷惑かけたことも数知れず。みんなそういうもんだと思っていたけど、実はそうでもないのかな?って気になったので書いてみた。

ちなみにどんな悪さをしてきたのか・・・は、秘密にしておく。大人はずるい。そういうもん。

まぁ何が言いたいかっちゅーと、人生は自分で選んでいくものだよね?って話。間違ってもいいし後悔もしていいから、ちゃんと選んでいこうね。

で。

自分が結構な逃避体質ってのを書いたけど、これだって自分で逃げることを選んでいるからね。
あくまで一般的な話だけど、「逃げること=悪」と決めつける風潮、いまだに根強いと思う。
何が悪いんかね?

逃げるとね、もちろん自分で解決しなきゃならん課題は減らないどころか増えるよ。それを「逃避」と言うからね。だけど死ぬまで逃げ切るつもりでもなけりゃ、そういった課題はどこかで解決していく必要があるし、そのつもりでしょ?
逃げたツケはどこかで払わにゃならんってこと。

ずーっと逃げ続ける?
それで成人してから仕事に就かず、親に食わせてもらい続け家からほとんど外出することもなく、いよいよ年を取ってきて今更どうしようもない、って嘆いてる知人もいるけど、どうだろうね。

そこまで盛大に逃げると、どうなるかも分かってた上で逃げてきたんだから、その後の人生もそれに見合ったものを続けていくしかない、としか言えない。ちゃんと帳尻あってるよね?
嘆くくらいならもっと早い段階でいくらでも行動は起こせたはずだし、もっと言えば今からだって遅くはない。

結局逃げることだって自己選択の一つだし、それがその人を形作っていくだけの話で。
悪いことではないよね。ただ、ツケは払わなゃならんし借りは返さにゃならんってだけ。

自分もいろいろ逃げたおかげで今の生活になってる訳で・・・例えば、仕事が嫌で3~4回は転職してるけど、そりゃ給料も上がらんよねぇって話だし、根が引きこもりなので友人関係は希薄だし。

でも納得してるよ。後悔はしてるけど。不満もあるけど。嫌ならもっと足掻けよ!ってだけ。

 

などと年の瀬にふさわしからぬ内容を書きなぐってみた訳だけどね。

白紙の年賀状を目の前に積みあげたまま、ブログにこういう事を書いているあたり、自分もかなり人のことは言えないなぁ。
大掃除とかも、毎年やらなくちゃって思いながらもやらずに年越ししてしまうし、多分今年もそうだろう・・・
この時期が嫌いな理由って、つまりは自分の逃避のツケを短期間で清算しなきゃならんからなのかなぁ?って思う。

<post script>
12月は実はパチンコの稼ぎ時。それも本格的な長期休みに入るまでなので、現在はもうお正月激渋クギなんだけど、今まではかなり甘かった。それもあってかなりがんばって打ったんだけど、特定の機種ばかり打った結果、こんな曲が頭の中をグルグル回っている始末。

ちょっといろいろ時期外れな気がするけど・・・

ともあれよいお年を!


SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です